ゼミの研修旅行やダブルスクールで金欠に

学生時代にお金がなくて困ったのは、ゼミの研修旅行の時です。私の通っていた学科では、国際的な感覚を身に付けたり語学を上達させるために毎年海外に研修旅行へ行くことになっていたのですが、その直前・直後は結構経済的に大変でした。

航空券や宿泊料金、食費にお土産と何かと出費が多いので。そのため、アルバイトをしたり親や親戚から借りて工面していました。学校からある程度援助額が出るとはいえ、最低でも三十万円くらいは自分で負担しないといけません。

親とかでもどうしようもない場合は、学生キャッシングでお金を借りる事もあったぐらいです。

また、ゼミの旅行以外にも、私は学生のうちに色々な場所へ行きたいと思っていたので、長期休みごとに主にヨーロッパの国々を個人的に訪れていました。なので、いつもお金には困っていました。

また、三年生からは資格を取得したり英語以外の語学を身に付けるためにダブルスクールをしていたので、学費もなかなか掛かりました。将来のための投資なのでケチケチしたくなかったのですが、これだとアルバイトをすることもままならなかったので困りました。

このように、学生時代は自由な時間が多いので色々なことをしたくなり、結果的に万年金欠状態に陥っていたのです。もっとお金があったらさらに多くのことができたのになと今でも思うことがあります。

まぁ、でも私以外にも、周りの学生はほとんどお金に困っている人たちばかりで、基本的に学生はお金に困るもんなんだろうなと思っています。

中には、家がお金持ちで凄い金持ってる友人もいましたけどね。こいつとは住む世界が違うから羨ましがるな、って言い聞かせてましたよ。

社会人となった今となれば、あの学生時代の貧乏生活もいい思い出ですけどね。

もう二度と、お金に困る生活はしたくないと強く思えるので、今も頑張れますしね!!という事で、今日も仕事頑張ってますよ(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>